PV「大丈夫」制作!YOUTUBEで公開!


詩・散文詩集「こころみ」の2019/10/14
Amazonより販売を記念して
挑戦してみたかったことがありました。
それは・・・

「こころみ」に収録している
<大丈夫>という詩のPVを撮影すること。

自分への条件として
撮影機材は、ギャラクシーS10のみ。
スタジオで、長回しで一発撮影!

「大丈夫」PV撮影
「大丈夫」PV撮影

村男ソロで撮影、第一回目の挑戦

実は先だってYOUTUBEでも公開していましたが
スタジオスマホ一発撮り!
村男、弾き語りを計画しまして
実際に撮影をしました。

この曲は、賞味9分の曲で
歌詞(詩)としても、かなりのエネルギーを消費するという(笑)

何回かの練習ですぐ撮影を始めましたが
村男も、納得がいかなかった様子がありました。

楽譜
楽譜

もっと音を厚くしたい!という要望。
そして、一史、Fumiに声をかけてみる、という話になりました。
その際、キーボードもあるといいなぁなんて話をしていました。
翌日、さっそく声を掛けたところ
ドラムの一史、ベースのFumiは快諾して下さり
実現する運びとなりました。

ことの発端(はじまり)

そもそもこの詩に曲がついた発端は・・・
前々から一緒に何かやってみたいと思っていた
アーティストの村男(ムラオトコ)と話した時のこと

村男のギター
村男のギター

「山縣さんが詩を作って下さい、僕が曲をつけます!」

という言葉を頂きました。
詩は色々と書きためていたので
その中でしっくりくるものがあるのか探してみましたが
しっくりくる詩は見つからなくて・・・
今の世の中に起きている事を
人の対話の難しさを含め詩に乗せていきました。

これまでと違うのは、曲が付くのを前提に書くという事。
紙に並べた時に
歌詞として配慮した文字バランスを考えつつ書く・・・。
でも、無視しつつ、ザクザク書いていたのです。

ミュージカルの作詞は書いたりしてきたけど
その物語も自分で作っているし
その中の歌詞なので適材適所感があるです。
でも、物語の中でない詩(作詞)は、少し時間がかかりました。

気が付けば、なかなか長い散文。
しかし、まるっと渡してお願いしました。

もともと「大丈夫」は、ライブ用に備えていた

山縣が詩を書いて
村男が曲をつける
その話と並行して、
非営利団体 ここなみ舎の小さな平和フェスイベントを
企画していました。

高円寺のぽれやぁれという素敵なカフェで
ささやかな<平和フェス>をする企画でした。

山縣有斗 ぽれやぁれ
山縣有斗 ぽれやぁれ

そこで、この曲を発表しよう
という事にして
村男に相談したら、二つ返事で出演も含め可能となりました。

なので、実は、≪語り≫部分は
俳優:山縣有斗が自由に今思う事を語るためのシーンなのです。

今回、詩集にするにあたって
≪語り≫部分はコンパクトにまとめています(笑)

そして全体の詩は、実際の歌のバージョンと
詩集にしたバージョンと少し詩が違っていたりします。
最初の詩を少し改編して歌詞にしているからです。

詩集で、最初の詩の確認を是非。
詩・散文詩集「こころみ」

詩・散文詩集「こころみ」
詩・散文詩集「こころみ」 詳細はこちらクリック

村男について

ギター、新聞、紙芝居、などなど楽器を越えて
歌を越えて表現するアーティスト。
現在、社会に想うことを
それらを歌詞に、独特の声をを武器に
音楽というジャンルを越えて表現し続けています。

村男
村男

最近では、紙芝居付きCD「くるま」を発売しています。
村男は親が子どもたちに≪うた紙芝居≫を歌ってあげてる姿を想像し
日がな一生懸命作っています。
紙芝居を自作で組み立てているので、単価があがっていて
何かいい方法がないかと常に探しています。

村男 「くるま」

現在シングルにして3000円を越えているそうです。
山縣はちなみに一枚購入させて頂きます。

村男:2ndアルバム『◯ ‐ゼロ‐』

彼のこのCDは山縣にとって、ある種の名盤になっています。
名曲があります。
初見ではきっと衝撃的な、力強い曲に
大きなノックを胸に受けるでしょう。

そして、心開いて聴いていくと
とっても素敵なメロディと
素敵な歌詞に出会います。
「寝顔」「まんまるい学校」「HR」「ボンクラ」
かなり好きな曲です。

ボンクラ


是非、聴いて下さい。
Amazonで販売中です。

村男「ゼロ」Amazonで発売中
この切絵の背景画は、AYA Sui

村男公式HP
日記:むらおとこのせかい
村男:Facebook
2ndアルバム『◯ ‐ゼロ‐』:Amazon

ベーシスト:Fumiについて

1991/03/23 新潟生まれ 埼玉育ち
中学時代 ポルノグラフィティに影響を受け
ミュージシャンになる決心をする。
ギタリストになろうとクラシックギター、エレキギターでの演奏会やライブを行なっていたが、
ポルノグラフィティのサポートベーシストである野崎森男氏の考え方に感銘を受け、ベースに転向。
ベースを学ぶためMICA Music Laboratoryへ入学し、在学中に優秀者へ贈られるMICA賞を受賞。
サポートミュージシャンとして様々なバンドで活動。
MICAを卒業後、大学ではジャズ研究部へ入り、JAZZとウッドベースを学ぶ。
大学卒業前にバンド「ヤジルシ」へ加入。
2013年 ストリート甲子園 準優勝
2014年 エマージェンザJAPAN’14 決勝進出
2016年 川崎ストリートミュージックバトル 決勝進出
2017年ヤジルシの解散を期にサポートミュージシャンとしての活動を再開。

※Fumi公式HPより参照
Fumi
Fumi

現在は、主に「Fansy」というバンドのサポートをしています。
こちらの第二弾シングル「生きろラブドール」のジャケットの絵も担当していて、 イラストレーターとしても活動を始めていますよ。
是非、ご覧下さい。

ちなみに、fastシングルの「今夜は月が綺麗ですね」のジャケットは
Arito Artが担当させて頂きました。

Fumiのライブ情報は下記から
Fumi:Twitter
Fumi Official Website
Fansy公式HP

Fumiのべース
Fumiのべース 公式HPのTOP画像に絵がありますよ

ドラマー:一史について

一史は、昔、村男とバンドを組んでいたという噂も・・・
そして、数年前くらいまで、ヤジルシというバンドでドラムをしていました。
そのヤジルシ、実はベースのFumiも所属していたトリオ編成バンド。

Fumiや一史、村男を知ったのは、チームを組んで対決する大会でした。
そのお客様投票型、バンド同士チーム対決を観に行ったからです。
その時のトリを務めていた、Wingrowというツインヴォーカルとダンスチームを 応援に行った際に、知る事になりました。

一史
一史

当時から、村男の個性は際立っていたし
POPなバンドのヤジルシもパワーがありました。
それが5年くらい前でしょうか。

村男はソロのギターリストでライブをやりますが
時々、村男と愉快な仲間たち、という編成で
ドラム、ベース、を入れてバンド編成でライブをやってます。
その時は、必ずドラムが一史なのです。

サポートでドラムに参加していますが
色んなバンドでのドラムをもっともっと聴いてみたい。

今回もスタジオに入って、コードを観ながら
ササッとアレンジしたり、リクエストしたりする姿に
柔軟性も、表現力も、そしてまわりを立てる姿勢、すばらしかったです。

ドラマー 一史
ドラマー 一史

今は止まっていますが、blogがあるので覗いてみて下さい。
一史のスタンスが感じられます。

一史の活動情報は下記から

一史blog:心音歩
一史:Twitter

歌詞(詩)について

書いた詩について語る事は
ほとんどなくて。

2011年以降、よく想うことです。

大丈夫 詩P1
大丈夫 詩P2
大丈夫 詩P2
大丈夫 詩P3
大丈夫 詩P4
大丈夫 詩P4

それでは、お楽しみ下さい。

「大丈夫」PV

詩:山縣有斗 
作曲・歌・ギター:村男 
ベース:Fumi 
ドラム:一史
撮影・編集:Arito Art

詩・散文集「こころみ」に収録された「大丈夫」という詩に
村男が曲をつけ、歌になりました。
スタジオPV一発撮りを決行!
ベーシスト:Fumi、ドラマー:一史の協力を得て、
素敵な楽曲へと仕上がりました。

この詩や曲が届きますように・・・
そして、ライブで演奏される時を望んでいます。

素晴らしいアーティストたちの共演
そして、ご協力ありがとうございました。

Arito Art 感謝の一枚
Arito Art 感謝の一枚


これ作ったからどうなる?
って、別に考えなくたっていいんです。
生まれたものを育む
それだけです。

それを愛でたくなってもらえたら
もっともっとただただ幸せ。

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。

One thought on “PV「大丈夫」制作!YOUTUBEで公開!

Comments are closed.