LINEスタンプCREATOR、デビューしました!


遂に、遂に、です。
実は、思い立ってから5年くらい経過しましたが・・・

LINEスタンプCREATOR、デビューしました!

「Mr.Mauちゃん ~山の妖精~」

「Mr.Mauちゃん ~山の妖精~」
Arito Art (山縣有斗)

と命名しました。

16作品に息吹をかけました。
色んな人が
その時々
ちょっとチョイスしてくれると
幸せな事だなぁって思います。

全部で16作品です、お好きなシーンを、Mr.Mauちゃんで。
Arito Art (山縣有斗)

こちら から、購入できます。
皆様、よろしくお願いします。

そして、日本のみならず
世界で販売されております。
もちろん、現在はアプリを使えば
誰でも簡単に作って販売できるのです。
 
だから、全然すごくないですよ、、
でも、ハッピーになりますよ。

 世界中で販売されているの?

LINEストアは、なんと
「中国本土とシンガポールを除く」
全世界で販売されているそうです。

クリエーター登録して、スタンプを申請する際に
販売国を選択できるのですが
日本だけでなく、
海外(中国本土とシンガポールを除く)でも販売する
を選択しました。

という事で、勝手に世界へ発信。

しかし、現在、そんなにLINEストアは流通しているのか
と思うと、かなり驚きなのですが・・・
企業としても凄いし
世界中の人がクリエイターで販売できるってことも凄い。

 LINE CREATORS STUDIO で誰でも簡単に

今や、誰でも、LINEスタンプCREATORになれる時代になっています。
しかも、LINE CREATORS STUDIOというアプリひとつで。

自分の写真を使ったりして、簡単にトリミングが出来て
切り抜きが出来て、そんなこともスマホで出来ちゃうんです。

分かりやすい、 LINE CREATORS STUDIO

ですので、お子様の写真を使ったり
ペットのワンちゃんや猫ちゃんを使ったりして
オリジナルスタンプを誰でも作れてしまいます。

凄い時代がきたもんだ(笑)。

PCからしか以前は登録できなかったようですが
今や、スマホひとつで出来るんです。

 ずっと作りたかったLINEスタンプ

年くらい前から、
自分のLINEスタンプ作りたいと
思っていて
結局、色々別の事で手も回らなくなったり
忘れたりをして
思い出しては、準備しようとして
未完に終わったキャラクターもあったくさん
という状況でした。

今年に入って3月、ipad proを購入してからですね
テンションが復活したのは。
手書きの感覚でデジタルアートが描ける
というのは大きいです。

ipadを持つ以前だと、手描きで描いた作品を
スキャンして画像で取込んで
そこから、トリミングはどうしたらいいんだろう
なんて、イラレもフォトショもない状況なので
誰かにお願いしないといけない
そう考えると・・・手が止まる
なんてことの繰り返しだったりもしました。

それが、ipad proとi pencileで劇的に変わりました。
クリップスタジオも使いやすいソフトだったのもあり
PINデータが創りやすい。
ハイテクな機会やソフトおかげですね。
自分が思っている内容やクオリティで実現可能になった
だから、このタイミングになったという事。

ありがたや、です。

 申請方法

PCから申請する場合
LINE Creators Market でログインして
申請者の情報を入力
スタンプをアップロードして申請

スマホから申請する場合
LINE CREATORS STUDIO
スタンプを作ってはアップロードしていき
そのまま申請

が可能です。
スマホから、LINE CREATORS STUDIOで
申請までしていくと、
実は入力部分、Tab画像やTop画像の選択や
文字内容の入力がうまく表示されていなかったり
入力画面を見逃したのか
必須項目の入力が出来ていなかったりという事がありました。

そして申請から
以前は1ヵ月以上待ったりしたみたいですが
Arito Artの場合、数日で返事がきました
早い!

 リジェクトが来た!!

審査ガイドラインがLINEスタンプにはあって
それをクリアしないと販売が認められない

「リジェクト」とは、
「審査ガイドラインをクリアしていない」

という事。
必要事項をすべて埋めて
リクエストしたのち、審査ガイドラインに引っかかった場合
「修正依頼」という意味で返事がきます。

今回、一度来ました・・・「リジェクト」

理由は、

5.1.当社または第三者の商標権、著作権、特許権、意匠権などの知的財産権を侵害し、または使用されている素材がサードパーティの利用条件に違反しているもの

 リジェクトのBefore After

2作品が、引っ掛かりました。
まず、こちら

◇赤十字マークおよび類似マーク(赤系統の色を使用した十字マーク)の使用は制限されております。

Before

Mr.Mauちゃん 「大丈夫?」NGバージョン
Arito Art

After

Mr.Mauちゃん 「大丈夫?」OKバージョン
Arito Art

赤十字は知的財産になるなんて思ってもみなかった。
そういう新たな気づきにもなりました。

◇権利の所在が明確でないもの(例:二次創作など)

Before

Mr.Mauちゃん 「Oh NO!」 NGバージョン((笑)
Arito Art

After

Mr.Mauちゃん  「Oh NO!」 OKバージョン
Arito Art

ああ、これはそうだよね・・・と納得。

著作権、二次創作
意外と、これくらい大丈夫だろうってのは
自分の感覚にちょと恥ずかしくなりました 。

自らが自分の創作物の著作権を持っておきながら・・・
人の作品を二次創作してるなんて
結果的に、とてもいい勉強にもなりました。

 Mr.Mauちゃんの名前について

Mr.Mauちゃんって、そもそも何?
どういう意味?

Mr.Mauちゃんは、Mr.Mauntainという事で
山なんです。
すぐ気が付くかなぁ( ´艸`)

山ちゃん、でもありかなぁと思ったんですが
手羽先の世界の山ちゃんがいるし
芸能界も、一般にも、山ちゃんがたくさんいます。
山好きな自分もあるので
違う方法で「山」を使いたかった
そんな気持ちから、
Mr.Mauntainを短くして
ちょっとチャーミングに
Mr.Mauちゃん
になりました。

Mr.Mauちゃん 「Try!] 
Arito Art

海外版では「ちゃん」は取って
Mr.Mau です。

皆様、よろしくお願いします。
皆様の、新しいLINEスタンプの仲間に
Mr.Mauちゃんを入れてやって下さいませ。
そして、いろんなシーンで使ってもらえたら幸せ。

今後、新しくバリエーションを増やしていく予定です。
よろしくお願いします。

Mr.Mauちゃん 「ありがとう」 Arito Art

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。

2 thoughts on “LINEスタンプCREATOR、デビューしました!

Comments are closed.