「座・チャリティフェス」義援金のご報告


座・チャリティフェス出演者一同
座・チャリティフェス出演者一同

先日12/14(土)に開催した
座・チャリティフェス
ご来場、そしてご声援を下さった皆様
本当にありがとうございました。

こちらでカンパで集まった金額は

総額:23,716円+10セント

となりました。
ありがとうございました。
10セントはちょっと難しい計算となりますので
10セント玉は、ちょっと計算外に置いておきます(^^♪
端数は10円単位にする為、振込時に追加しました。

2019/12/18、午後 お約束通り

・大子町の令和元年台風第19号災害義援金
・長野県の令和元年台風第19号災害義援金

上記口座へ、それぞれ、11860円ずつ
振込させて頂きましたことをご報告致します。

下記画像からご確認くださいませ。
ご依頼人は、「座チャリティフェス高円寺」とさせて頂きました。

振込のご利用明細です。
明細だけでは寂しいので即興の絵に添えて・・・
振込のご利用明細です。
明細だけでは寂しいので即興の絵に添えて・・・

現在も被災の影響で大変な想いをされている皆さま
心よりお見舞い申し上げます。
台風の被害だけでも日本国内で相当な状況でございますが、あらゆるところ、少しずつでも町が復興、復旧していくことを心から願っております。

当日のパンフレット 公開

こちらが当日パンフレットでございます。
流れ、演目と記載させて頂いてます。
表面にはごあいさつ、裏面には振込先を予めオープンにお伝えいたしました。

当日パンフレット 表 作:Arito Art
当日パンフレット 表 作:Arito Art
 当日パンフレット 中身 作:Arito Art
当日パンフレット 中身 作:Arito Art

このパンフレットに登場する可愛い絵たちは
にしむらうめが描いております。
花咲かプロジェクトの公演作品「花に願いを」(作・演出:山縣有斗)の出演キャラクターをLINEにして、販売しております。
よろしければ、そちらも是非。

合計8組のアーティスト達が無償で出演

合計8組のアーティスト達が無償で出演して下さいました。
本当に感謝しかございません。
この座・チャリティフェス(以下:座チャリ)の経緯は前回掲載したblogでご確認下さい。
出演者のそれぞれの紹介もそちらでしております。

座・チャリティフェス ダイジェストMovie

12月の土日は東京都内でもあちらこちらで様々な催しがございました。
果たして、どれほどのお客様が集まって下さるか予想が出来ない状況でございました。 15人も入ればいっぱいな小さな高円寺カフェぽれやぁれでございますが、お時間見つけて、お客様が入って下さいました。

出演者もほっとした次第でございます。
内容を少しだけおさらいさせて下さい。

〇公開ヴォイストレーニング

手塚葉揺氏が展開する「誰にでもできる♪ヴォイストレーニング」
お客様も一緒になって、音を出して楽しみました。
明日の糧になる、楽しい時間となりました。

手塚葉揺 公開ヴォイストレーニング
手塚葉揺 公開ヴォイストレーニング

〇朗読バラードのウクレレと歌と朗読と

トコラテンさんの自作の詩「水-MIZU-」を朗読
それに合わせて、レレケンさんがウクレレを鳴らす。
朗読と呼吸するように、ふわっと爽やかに合わせていきます。
アニメ「はじめ人間ギャートルズ」のオープニングとエンディングも
朗読と歌とウクレレと面白い効果が生まれておりました。
ほんわか素敵な表現!

朗読バラード 左:トコラテン 右:レレケン
朗読バラード 左:トコラテン 右:レレケン

〇村男の歌紙芝居「くるま」

自作の紙芝居をしながら、歌う!
伴奏は、ラジカセ!
圧倒的小さなスケールで、圧倒的大きな世界を歌う
逆説的にも面白い世界。
紙芝居にお客様も夢中になりながら、その意味とアートな絵と歌とで心を鷲掴みされた状態となりました。

村男 歌紙芝居「くるま」
村男 歌紙芝居「くるま」

〇さとうあつこの講談と朗読!

座フェス前夜に友人からメールで送ってもらったという講談をいきなり放出!
「雪の女王」の朗読だけではつまらない!という友人の意向だそうです。
さとうあつこの素敵な声が響きました。
なんとBGMも自分でスマホを操作しながらの、まさに「ながら朗読」!
雪も解けるほどの熱い朗読でございました。
そして、ズラも用意!
色々と工夫があって面白い朗読になりました。

さとうあつこ 朗読
さとうあつこ 朗読

〇にしむらうめの朗読と弾語り

トコラテンさんも所縁のある、現代朗読教会の水城ゆうさんの誌を朗読。
「歌う人へ」「帰り道」の2作品。
効果音をライブで使用したり、声の変則、素敵でした。
そして、名曲「500マイル」を弾語り。
大子町の鉄橋が久慈川の氾濫で流されてしまいましたが、その鉄橋を想って歌っておりました。

にしむらうめ 弾語り
にしむらうめ 弾語り

〇ぽれやぁれ初の高座

ぽれやぁれの丸い机を使用して高座を作りました。
ちょっとだけお客様より高い目線から始めますが、寄席の雰囲気がさっそく生まれました。
樺木野真澄の落語は、聴く人のイマジネーションを刺激しつつ目の前の役を楽しむ素晴らしい表現力の落語。お客様も、クスクス・・・ゲラゲラ!

樺木野真澄 落語「替わり目」
樺木野真澄 落語「替わり目」

〇hiroのダンス

完全即興で3分半!
音を感じたまま心体を使って、ダンスを魅せてくれました。
最初は、マントラを3回唱えたのち、音楽と共に踊りだす。
踊りだす予定でしたが、音楽再生がなかなかうまくいかず、なんてことがありましたが、曲が流れ始めれたら自然にすべてが動き出しました。
さっと琴線に触れていくダンス!

松田拓子 即興ソロダンス
松田拓子 即興ソロダンス

〇村男 With 山縣有斗 ちょっとだけ内容を

詩:山縣有斗、作曲:村男 「大丈夫」
この曲についての詳細は記事にもしておりますので是非、こちらからご確認下さい。モノローグ部分を、今回は山縣(Arito Art)がさせて頂きました。

「大丈夫」 詩:山縣有斗、作曲:村男


今回
モノローグ部分は、
アーティスト達が声を出していくことの素晴らしさを
自分の言葉で独白してきました。

村男 With 山縣有斗
村男 With 山縣有斗

正直言いますと
被災された方にとっては、アーティストの表現など
もしかしたら
言いたくはないのですが
どうでもいい、くらいな事なのかも知れないのです。

我々がする 行動 なんて
ある人にとっては嬉しくても
ある人にとっては嬉しくない
逆に、ある人にとっては迷惑だし
逆に、ある人にとっては何ともない

だから、どの表現も正解で不正解だと思うんです。

それでも
ある歌詞にふと一瞬、自分と重なったり
メロディが、自分の心情と繋がったり
声が、何かを感じさせてくれたり
はっとする瞬間や
重なる一部が

心のセンサーに何かが

ちょっとでも当たってくれる瞬間がある可能性があるのです。
奇跡的にも、そんな瞬間があれば、それだけで素敵なこと。
有名、無名にかかわらず

一方的なフェスかも知れません。
でも、実際に何かしたくても出来なかった方々がたくさんいて
そんな方々の分も一緒に、義援金という形で贈る事ができたらと思っておりました。

それは、文字だけや画像だけのお知らせではなく
ライブという肌ざわりが感じられる表現にてお伝えしたかったのです。
ですので、今回はステージ上でスマホを取り出し、Facebookのライブ映像にして、流させて頂きました。

出演者、そしてお客様と一緒に、お届けできたことを嬉しく思っています。どうか、復興していくこともそうですが、さらに新しい素敵な日常になっていくことを願っております。

感謝を込めて・・・

ぽれやぁれという素敵な場所で
何度かイベントをさせて頂いていますが
今回も、快く場所をお貸し頂いた、マスターの安彦さんに感謝。
ここでは、おいしい「野菜丼」が有名で、ビーガンのお客様も多数来店されます。 おいしい珈琲も飲めます。
貴重なお店ですので、是非、いらしてください。

出演者の皆様
お客様の皆様
そして、ぽれやぁれ
関心を寄せて頂いた全ての皆さま

ありがとうございました。

主宰:山縣有斗

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。

One thought on “「座・チャリティフェス」義援金のご報告

Comments are closed.