エロスの展示室Ⅱ「私の私小説 秘密」展 山縣有斗の秘密


残すところ、あと2日
9/8(日)で会期終了となります。

エロスの展示室Ⅱ
「私の私小説 秘密」展
会期 8/27-9/8
場所 富士山の見えるギャラリー RYU-GALLERY
    〒418-0001 富士宮市万野原新田3920-11

小説、写真、絵、色んな形態でアーティストのエロスが、
富士宮市で覗けます。
富士山の麓の素敵な空間ギャラリーです。

エロスの展示室Ⅱ「私の私小説 秘密」展 出展Ⅱ作品

山縣作品 (Arito Art作品)は、2作品です。
しかも、初のパネル作品。
そして、初のデジタルパステルで描いた作品。
さらに、ちょっとした自分のエロスのルーツを初めて散文に残しました。

RYU-GALLERYの雰囲気

「私の私小説 秘密」という事で
自分にとって何がエロスだったのだろうか
見つめなおす機会になりました(笑)

Arito Art作品①「ヴィクトリア」

この作品は
子どもの頃に観に行った美術館でのエピソードを
散文にして、イメージ画を創りました。
ツールは ipad pro でペンタブレットを使用しています。

僕は、山口県下関市出身なんです。
なので美術館というと
山口県立美術館へ行く事が多いのですが
実家から車で1時間半くらいかけて
山口市まで父や母に連れて行ってもらうんです。

美術館といったらここで
小さい頃からたくさんの絵画を観てきた。

エロスのルーツの話だったけど
むしろ、アートのルーツにもなるかも知れない場所。

まだ小学校3年くらいだったと思うけど
ここで観た展示の感動を散文にしています。

背景は変えています ヴィクトリア

確か、「ヴィクトリア王朝時代展」といった展示名だったと思います。
貝殻から生まれた裸の女性の絵
薄いレースを羽織った女性たちの絵

それを目の当たりにした
山縣少年の心模様を書いています。

ヴィクトリア

ここでは明かしません(笑)
是非、富士宮市のRYU-GALLERYまでお越しくださいませ!

Arito Art作品②「接吻」

さて、こちらの作品は・・・
その名の通り
「接吻」をテーマにしています。
「接吻」と言えばクリムトの作品の印象が強いかも知れないし
同じテーマで数多のアーティストが形に残してきました。

自分の中では
クリムトの「接吻」が強いですが、ここでは
それよりずっとライトで
でも私的に大切にしたいもの
だからライトでも深い部分を
ライトに描きました(どっちやねん)

散文というよりは誌的に文章を載せました。

接吻

内容はここでは明かしません(笑)
是非、富士宮市のRYU-GALLERYまでお越しくださいませ!

RYU-GALLERYとは

もともとの繋がりは実は演劇に遡るのです。
10年前に、山縣の演劇WSに参加して
そして、山縣作品に出演してもらった女優さんが
もともとの繋がりなのです。

その女優のお母さんが陶芸のアーティストで
地元の富士宮市でギャラリーを数年前に開いた事がきっかけでした。

RYU-GALLERYとミミちゃんと山縣有斗

そのご縁で、Arito Artの作品を
企画展に呼んで下さり
展示販売させてもらっています。

これまで、水族館展、花たちと鳥たちと展
そして、今回は雰囲気がガラッと変わって(笑)
大人な展示になりました。
過去の作品との変化をみてみるのも
面白いかもですね。

昨年はギャラリー前でBBQ

こうやってご縁を頂いてる事に
ただ、ただ、感謝なんです。

RYU-GALLERYの発祥の歴史は
こちらのインタビュー記事をご覧ください!
本当、読んで欲しい。

RYU-GALLERYの居たビュー

半月ペースで企画展や個展をやり続けています
その企画力や人脈の広さ
凄いんですよ。

RYU-GALLERYと山縣有斗①

初めてRYU-GALLERYの展示に参加したのは・・・
2015年の水族館展だったと思います。

水族館展 RYU-GALLERY

水、水中をモチーフに3作品描きました。

いっしょいっしょ2

当時としては大きなサイズに挑戦で
F8サイズに描きました。

画材もアクリルガッシュがメインです。

いっしょいっしょ

この上の作品はその後
購入いただき
現在、友人宅で飾られています。

ポストカードも置かせて頂き
販売させて頂きました。
そして好評でその後も置かせてもらい
売り切れなんて事にもなりました。
お陰様です。

気が付く方がいるかもですが
サインが現在とちがいますね(笑)

ピエール夏の冒険

ちなみにこちらは
絵本を創ったのですが
その中のキャラクター「ピエール」を使って描いた作品
これは、富士宮市のアーティスト十時孝好さんにも
気に入ってもらえた作品でした。

〇十時孝好さんのアトリエ

十時孝好さんのご厚意で
富士山のさらに麓のアトリエにお邪魔しました。
もう、広さや作品のすばらしさ
アトリエの構造の面白さ
そして自然の中での興奮

十時義孝さんのアトリエ①
十時義孝さんのアトリエ①

ただ、ただ、最高でした。
手作りのカレーも最高でした。

十時義孝さんのアトリエ②

こんなアトリエで創作できたら
どんなに幸せか・・・

十時義孝さんのアトリエ③

今も、夢観ています。

RYU-GALLERYと山縣有斗②

その次の展示が
2017年になりますが

花たちと鳥たちと展

花たちと鳥たちと展 フライヤー

こちらもヒヨコの「ピエール」を使って描いた作品を作りました。
こちらは、お買い上げ頂きました。

ピエールと花と
アクリルガッシュ ピエールと花と

この時は、在廊できなかったですが
素敵な作品が集まったのを画像で拝見しました。

カサブランカ習作

企画展について

企画展に参加すると
新しい視点やアーティストとの出会い
色々な機会が結ばれていく感じがします

自分の狭い部屋から一歩抜け出すような
そんな感覚です。

イマジネーションや
インスピレーションは

勝手にはやってこないんです。
見聞を
経験して
その蓄積が
潜在意識にタッチして
自分の琴線を揺らして

出てくるのです。

きっと。

どうぞ、よろしくお願いします。

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。