「アイリッシュマン The IRISHMAN」 ギャング映画を越えたヒューマンドラマ


「アイリッシュマン The IRISHMAN」
遂に鑑賞
怒涛の3時間30分。

「アイリッシュマン The IRISHMAN」
「アイリッシュマン The IRISHMAN」

この為に、Netflixに加入したと言っても過言ではなく
この為に、55型テレビを購入したと言っても過言ではないのです。
でも、若干過言でもあります。
海外ドラマも含めエンジョイするために、ですが。。。

この映画の配信前に、海外ドラマを散々堪能していて
家にいながら映画館を楽しめる空間になるよう準備してきました。
海外ドラマも映画も、かなり癖になっています。

これは後述する機会を設けたいですが
ストレンジャーシングスのシーズン1は、作品として
全部観終わった後に、ひとりテレビの前で拍手をしてしまったくらい
映画愛の詰まった作品でしたので。

話を戻しますが
この映画「アイリッシュマン」は
言わずと知れた
マーティン・スコセッシ監督
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ぺシ出演の
長編ドラマ。

概要
裏社会のボスに長年仕えてきた殺し屋フランクが、秘密と暴力にまみれた自らの半生を振り返る。
※Netflix解説より参照

内容や解説は他の方が随所にされているので、是非そちらを参照して下さい。

Arito Artの目線の感想

3時間半、なかなかない時間ですが
飽きる事もなく、しっかりと堪能できました。
長いけど、長過ぎると感じることもなく集中して観れました。
集中して観れたのはひとえに、集中して観たいと準備したからかも知れないですけども。 気軽に見て、気軽に一時停止して、気軽に気になったらスマホみて
なんてスタンスで、映画を観たくない!
リスペクトを持って、映画というアート作品を楽しみたいからです。
そのために集中できる時間を自分で作りました。
映画館のような感覚を求めて、準備(笑)。

作品として、それぞれの俳優の良さが出た、そんな作品でした。
人生のあっけなさ、それも感じさせてくれます。
それこそ「デパーテッド」のレオナルド・ディカプリオのように。
一瞬の幕が下りる人生、そこにフランク役のデ・ニーロにためらないはない。
その仕事っぷりが、悪気もなく、「JOB」に過ぎないのです。
こっちが息が止まる。

ギャング映画と表現されますが、会話劇、ヒューマンドラマです。
会話、台詞がなくても、パンをワインに浸けて食う、それだけで
台詞なき対話がある、なのでシーンとして退屈がないのです。
緊張感が消えうせる瞬間がなく、「何かが起こる」をずっと追いかけてしまう
そんなサスペンスでもありました。

マーティン・スコセッシ監督作品をひき合いに出すと・・・
粗削り、むき出しの「ミーン・ストリート」「タクシードライバー」のヒート(熱さ)はなく、 「グッドフェローズ」の怖さはではなく、「カジノ」のような危うさ。
ゆるいバランスが崩れそうな怖さ。
新しいバランスが生まれそうな怖さ。
この糸が俳優の演技によって続いた面白さでした。

アイリッシュマン The IRISHMAN Arito Art
アイリッシュマン The IRISHMAN Arito Art

俳優のアクティングの視点から感想してみる。

すっかり年齢を重ねた、名優たちの姿。
その年齢を受け容れ、対話するシーンは
映画を越えて、ファンにはたまらないところがありました。

Acting(演技)目線から感想書く人なんて、もうあんまりいないよね。
内容解説してうんぬん、ばっかり感想って溢れているし、お金もらって書いた批評なんてね、誰でも書けるでしょ。
ってなことで、こちろら自腹じゃっちゅうねん風に。

ジョー・ペシ JOE PESCI

ジョー・ペシ ラッセル役
ジョー・ペシ ラッセル役

最初のデ・ニーロとジョー・ペシの関係性がドライブシーンで溢れている。彼らの付き合いの長さが、自然の空間に出ちゃってるような自然さ。
3時間半あるからか、長回し含め意外とのんびりと見せてくれます。
カメラいなんじゃなねぇかってくらい、ちょっとゆっくりなお爺さんなんですよ。そのリラックスが凄い。
でも、底辺の危うさがずっとあるんです。

これは、ジョー・ペシの過去の鋭利さが
どうしても、シーンに緊張感を投げかけるものがあるんです。
落ち着いているジョー・ペシほど怖いものはない。
過去の映画から匂うんですよね、ずっと。
それはいい事なのか悪い事なのか。

「グッドフェローズ」「カジノ」ありきで、観てしまうが、 俳優として、映画として、マーティン・スコセッシ映画のジョー・ペシが引きずられる。
それをさっぴく事が出来ないけど、いいんです。

ホーム・アローンの泥棒さんのジョー・ペシの匂いは一切ない(笑)
だから逆にホーム・アローンのジョー・ペシ凄いよね。

ロバート・デ・ニーロ ROBERT DE NIRO

ロバート・デ・ニーロ フランク役
ロバート・デ・ニーロ フランク役

デ・ニーロの太り具合が、彼の過去の作品を越えて
棘を少し柔らかくした物腰が感じられる風貌なんです。それがまた、フランク役として人物像としてリアルさがありました。
過去のマーティン・スコセッシ作品をいい意味でジョー・ペシほど引きずっていないのです。
なんてったって、凄み、がないのですから。

しかし、銃を使うシーン、銃を選択するシーン、一瞬の行動力は
老いて、重くなっても、ヒヤリとさせてくれる怖さが垣間見れました。
これまでになく、柔らかく、どっしりと、ちょっとジョニー・グッドマン的なんです。でも、ラッセルとホッファとの間に挟まれていく優しい人間像は、実はあんまりない役どころでした。
ジョー・ぺシに、「手は尽くしたがダメだった。もう手遅れだ」と最後通牒を突き付けられるシーンは、最高でした。
あの目、苦々しさ。
でも行動はためらわない。
まさか、でした。
その直前の車の後部座席の2人・・・。生きているベクトルの違いが演技で出ているんです。素晴らしいやり取り。

アル・パチーノ AL PACINO

アル・パチーノ ホッファ役
アル・パチーノ ホッファ役

エネルギーがほとばしる、目から伝わる圧倒的な力。
今回のホッファ役としてさすがに申し分なかったと思います。
アル・パチーノとデ・ニーロの関係が、時代を越えて友情のようにある感覚が、役を越えて面白くて。
本当の、その場の、緊張が感じられるベッドでのシーン。体の状態、スムーズなやり取り、面白かった。
中盤以降、板挟みで葛藤するデ・ニーロとは対照的に、強気な姿。
最後まで信頼する相手の隙に甘えるホッファの弱さは見事でした。
最後通牒をフランクに諭されたとき、「俺を殺す、そんなわけない」と強気ではなく、心からバカにして思えているあの生き様。
2人が、まったく違うしがらみの世界で、そこだけ交差しているのをまざまざと見せられました。
役がまったく先読みしていないし、演出が人物だけをちゃんと追って、悪い予感をあざとく見せずに、人生を見せてくれるのです。

この役には、本当は恥ずかしいほどの弱さを持つ男の、ちょっとした可愛らしさがありました。
「セイント・オブ・ウーマン」の愛嬌と「インソムニア」の恥ずかしい弱さ
そんなものがブレンドされたキャラクターで魅力的でした。

若返りの技術

若い頃のデ・ニーロも本人が演じるという挑戦
CGで若くするという新たな試みがありました。

正直言うと技術的には凄いけど、若さ、こそ若いデ・ニーロを知ってるが故に
今の年齢のデ・ニーロを若くした感じなので、やや微妙。
そして、顔は大きい(今のサイズ)なのにウェストだけ絞られている、それにはセンスを感じないのです。
目まで手入れしてしまったのを見ると、ちょっと違和感ないとは言いにくい。
特に目は、俳優の心情が放出される大事な部分。
それがCGによって青くさせたばかりに、本来のモノに余分な色を着けてしまったが否めない、と思いました。

はたして、俳優のためか!?
映画のためか?
本来、デ・ニーロは文句言ってもいいんじゃないかっていう。

未来に判断を委ねたい。

逆に ジョー・ペシは、あんまり違和感なかったんです。
体型がさほど変化ないからかもですね。
アル・パチ―ノは、若返ったのかどうかもやや分からないくらい
立ち居振る舞いが変わらないので、ずっと同じ歳じゃないかって思えます。
ただ、アル・パチーノの演技は外見に囚われない放出なので
全然気にならないのです。

過去の共演作品について、勝手なうんぬん。

素晴らしい俳優同志が出会って、共演する
アプローチが違うメソードアクターの共演は
わくわくドキドキでしかない。

名作「ヒート」について

初めて、アル・パチ―ノとデ・ニーロが顔を合わせて共演したのが
このマイケル・マン監督の映画「ヒート」

これは当時大学生だった山縣は、大阪の映画館で大興奮で観たのを覚えている。
実際に2人が絡むシーンはわずかだが、実際は顔を合わせていない、合わせた
などなど、様々な憶測が飛び交った。
ヴァル・キルマーが若手の役として登場したのも新鮮だった。

アル・パチーノとデ・ニーロがレストランで対面するシーンが
ラストのシーンよりも反応が面白くてドキドキしたし
盗難に入った倉庫で、デ・ニーロが危険を察知する聞き耳を立てるシーンは
映画館ごと、超絶な緊張に包まれたのも体験した。
俳優と映画が織り成す緊張感に大興奮したものだった。

「ボーダー」について

出演者、監督、出資者の方々には本当に申し訳ないが
あれほどの名優や共演者がいても、脚本や演出が・・・
最初から個人的に残念で
全部観れなかった・・・。
なので感想がお伝えできません。

我慢ならんかった(笑)

「ゴッド・ファーザー part2」

絡むことないが、2人の俳優が演じたコレリオーネは
鳥肌モノです・・・。
マーロン・ブランドの若き日が、信ぴょう性・説得力が高すぎて
デ・ニーロは最高の演技がありました。
跡を継いだアル・パチーノの究極の選択と過ちと、弱さと怖さ
そして、家庭内での人間らしさを失う葛藤、最高でした。

何度も観た、名作です。
パート1、2、は心の殿堂入りしています。

俳優の素晴らしさ、映画の素晴らしさ、放出。

まとめると

恐らく、マーティン・スコセッシ監督で
これら名優たちが共演する最後の映画になるでしょう。
それだけで観る価値があるし
映画を愛する人に向けた、挑戦と表現だったのではないかと思います。

本人たちの対談も観ましたが
映画という見方が変わってきているので
3時間半という長尺も実現できたという事。
若返りの技術で実現したシーンも、新しい技術の一歩だったと。

すぐに二回目を観たいと思えてはないが
映画館でやっぱり観たかった
そう思えました。
途中トイレにはいきそうですが(笑)

映画人たちの素敵なプレゼント映画だと捉えています。
やはり、映画が大好きだなぁ(^^♪

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。