気軽に演技を体験できる、カンプロ演技教室を開講する理由


『演技を通して舞台芸術・映像芸術を学び、私生活のステージで輝くことができる教室』

そんな演技教室を開講したいと思い立ちました。
これまでプロの俳優、俳優の卵を育ててきましたが、一般の仕事をしながらでも「趣味でもやってみたい」「本格的にはなかなかできないけど、挑戦してみたい」「自分を表現することがうまくなくて・・・」「芝居くさいって言われている」そんな方へ向けた、肩の荷を下ろして自然な演技・自然な自分を見つけていく演技教室になります。

3/13㈰、4/15㈮ プレ・カンプロ演技教室を無料で開催

3/13の体験からPVを作成しました。ご参考ください。

■日時
3/13㈰、4/15㈮
14:00~15:00(1h) ステップ1(自然な演技とは何か?身体を動かしながら発見していきます)
15:30~16:30(1h) ステップ2(エチュードを通して、楽しんでみます)
※間に30分の休憩あり

■参加資格
・満18歳以上の方(18歳以下の方で親同伴の方はご相談ください)
・写真・動画撮影するため、顔出しOKの方を基本とします
・演技教室参加後に感想をいただき、HP・SNSで発表OKの方(匿名・イニシャルでOKです)
・コロナ禍のため、原則マスク着用で参加いただきます。

■場所
下記HPの「カンプロ演技教室HP」からご確認ください。
お申込みは、「プレ・カンプロ演技教室 お申込みはこちら」からお願いします。

なぜ?カンプロ演技教室を開講しようと思ったのか?

ずっと演技のトレーニングは俳優だけのモノではなく、広くさまざまな方にとっても重要だと感じていました。世界を見ても演劇の授業があるように、演技は、『対話、協調、協力、目標達成』の成長に大きな手助けを与えるモノであると認識されています。

これまでプロの俳優や俳優の卵と呼ばれる方々を指導してきた中で、ずっと思っていたことがあります。「テレビや映画でスターに」を夢見て飛び込んでくる方が多い中、「今の仕事(会社員・自営業など)をしながら、ちょっとやってみたい人」がいるのではないか、と。
実際に聞いて見ると「有名になりたい」ではなく「本気で俳優になりたい」というのではなく、「演じる楽しさを体験して、時々人前に立ってみたい」という気持ちを持っている方が散見されました。
もしかして、世間で用意している俳優養成所と俳優希望者の中で、意向のズレが多少なりともあるかも知れないと時々思うのです。演劇・テレビ出演が大前提でプロダクションや養成所などはあるのが当然ですが、成功意識が高くないと飛び込みずらい世界には違いありません。また、「趣味で演技をしていみたい」と人に言いにくい職業に該当しませんか?どこかで「趣味程度にやってみたいんです」と言いにくいのではないでしょうか。アマチュア・社会人劇団もありますので受皿として存在していますが、趣味程度で始めるには少しハードルが高いかもですね。
もちろん、ガチで演技したい方にはそれ用にガチのプログラムを用意しますが、そうでない場合、もう少しライトにトライできる場があってもいいかも知れないと思いました。そしてカンプロ教室では、「自分という楽器に向き合う」ことをベースに、今後の生活のひとつの糧になっていければと願い、開講するのです。

カンプロ演技教室 一般向けとは?

プロとして俳優活動していくのであれば、当然ながら俳優トレーニングをしっかりと積み上げていく必要があるのは間違いありません。演技教室ならぬ演技学校や養成所の中には、デビューというニンジンをぶら下げて、俳優の卵を走らせて、何となく継続させてたり終わらせるスタンスの芸能プロ付きの養成所などビジネスとしてたくさんあります。
そんな中で、次のような方に向けて演技教室を開きたいと思いました。

  • 正直プロを最初から目指さずとも、趣味で自分の仕事や他の趣味と合わせてライフスタイルのひとつに入れてみたい
  • まずは演技ってどんなものか体験してみたい
  • 演技で自分を変えてみたい
  • 自分を表現するのが苦手
  • 芝居くさいってよく言われている   などなど

演技トレーナーとしての実感から思うこと

私は、ちょっとしたリクエスト、サジェスションで変化する人をたくさんみてきました。また、自然な演技を目指しながら、うまくいっていない方をたくさん見てきました。私は俳優の体の硬さや柔らかさ、気持ちの状態により変化する繊細さを目の当たりにしながら、その人となりを見ていきます。
多くの俳優たちは、たとえプロの俳優だとしても、俳優以外のお仕事をしながら生活を支えているのが現状です。日常の疲れた身体と心の関係が、俳優トレーニングの現場で解けていき解放されていくこと。そして、日常生活への変化からさらに俳優修業に繋げていくため日常から変化が訪れます。
俳優は自身を解放する場があるからまだいいのですが、俳優以外の方は一体どのくらい日々重い鎧を着ながら肩を凝らせているのだろうか、と疑問を抱かずにはいられません。もちろんスポーツや趣味があれば素晴らしい解放になると思います。ちなみに、実際に以前、精神面のリハビリで演技ワークショップに参加された方もいました。医者のススメだったそうです。

自らを表現することとは、「意図的に表現」というよりも「本来の自分であることを出すこと」を意味します。

つまり、自然な演技とは、「本来の自分を見つけて・知って・そのまま表現していく」ということからしか始まりません。その為に多くのメソッドが存在し、継続的なトレーニングが必要なのです。その積み重ねは厳しい時がありますが、まずは「本来の自分を見つけて」「発見して」認識するというのがとても難しいのです。そこをお手伝いしていくことが、今回のカンプロ演技教室の役割の一つだと考えています。

かく言う私も20代後半から始めた俳優トレーニングが今も着実に自分の体と心を軽くして豊かにしてくれているのを実感しています。もちろん、ガチの俳優トレーニングは大変に違いありません。しかし、そうでなくともちょっとしたヒントで私たちは楽しく・軽く・エネルギッシュになることができるのです。

趣味だとしてもプロを目指したくなったら?

クラス分けをしていく中で、実はプロクラスも用意していく予定です。もちろん、社内オーディションや面接を踏まえて、実力を見てからのお話です。また、俳優経験者でも一からやっていきたいと考える方が参加できるようにという意図もあります。そして、カンプロ演技教室を通して「もっと。もっと。」となった時のための受け皿として、kan promotionとしても何かでいないか検討しています。

本気で演技をやりたい方はこちらの芸能プロダクションやアカデミーをおススメします

カンプロでもプロ・クラスを検討していますが、これからの参加人数にもよります。今後、参加者との面談や実力と俳優トレーニングを通して目的を見据えた上で用意したいクラスです。最初からいきなりガチで演技するクラスを用意するのはやや難しいと考えていますので、その代わりと言っては何ですがおススメの場所を案内します。

  • アップスアカデミー
  • ゼン・ヒラノ演技スタジオ/ミユキ・ヒラノ演技スタジオ
  • 株式会社POP
  • カンプロ教室(プロクラス)

きっと今ご覧の皆様は、自分のところ以外をおススメするってどういうこと?って思いますよね。
お答えします。弊社ではまずは一般向けの演技教室の構築が最優先の課題です。先にも記載しましたが、参加者との面談や意向や実力を踏まえて「ガチで演技のトレーニングをしたい」という状況があればプロ・クラスに編入するシステムを検討しています。
しかし、現在kan promotionの事務所ではプロを育成するクラス準備がまだ出来ていないという状況であることはオープンに伝えさせていただきます。

そして、今すぐプロの道へ挑みたいと思っている方に向けてはっきりとおススメできる場所をご案内しておきます。これまで演出したり演技トレーナーをしてきて、出会ってきた中で「演技として応える能力が土台としてある。準備ができる。」と感じた俳優さんは、この中の出身の俳優さんです。もちろん、その中でも対応可能な人、そうでない人とさまざまですが、教えている内容には大きな共感とリスペクトを持っておりますし、山縣も大いに勉強させていただいています。
格場所場所で、メソードアクティングをベースにそれぞれ演技トレーニングに特性があるので、是非調べてみてください。

アップスアカデミー(UPS)

アップスアカデミーは、奈良橋陽子さんが主宰する演技の学校です。且つて何度かここの出身の俳優を起用して演出してきましたが、正直話が早いです。もちろん、その人それぞれの勉強の在り方や理解力とメソードアクティングの体現力が違いますが、リクエストしやすく素晴らしい演技を見せてくれました。
また、トレーニング方法も私がやっていることとも合致しているため、稽古中の対話がとてもスムーズでした。ただし、人数が多いのでちゃんと一対一で向き合えているかというとや疑問なところはあります。そういった声はそこの生徒さんから聞いたこともありますが、またハリウッド映画などの日本人キャストに大きく関わっているため、その後の活路ももしかしたら期待できるかも知れません。

ゼン・ヒラノ演技スタジオ/ミユキ・ヒラノ演技スタジオ

NYのアクターズスタジオの正会員となった最初の日本人で、ゼン・ヒラノさん主宰の演技ゼミです。現在は奥様のミユキ・ヒラノさんが中心となってクラスをしています。私が、演技を追求していく中で、大きな転換期となったのがこのゼン・ヒラノさんの河口湖の演技スタジオで4年間住み込みで修業していた俳優さんとの出会いが大きいです。目から鱗どころではなく目から熱い涙までいただきました。
自身を解放するトレーニングとして素晴らしい指導をされています。そのトレーニングはその後、俳優をするしないに関わらず、大きな影響を受ける場所ではないかと思います。著書も参考になると思います。

株式会社POP

株式会社POPは、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭アジア部門グランプリ受賞「超擬態人間」などホラー映画作品で著名な藤井秀剛監督が代表を務める芸能事務所です。所属するプロの俳優たちにも日々俳優のトレーニングを課しながら、映画や役の視点など様々なコンタクトを監督自らが取りながら、映画づくりをする場所です。俳優たちは、事務所内でのオーディションに向かいながら、スタッフも兼ねて、映画作りをしていく事務所です。ちなみに、劇場映画「猿ノ王国」が4/22より劇場公開。
映画づくりと俳優修業と合わせてできる珍しい場所です。ちなみに、私も演技トレーナーとして俳優に関わっていますので、プロとして映画人として本気で生きていみたい方は是非おススメです。

劇場映画「猿ノ王国」が4/22より劇場公開

まとめ

現在、3/13㈰のプレ・カンプロ演技教室の申込中ですが、ここから少しずつカンプロ教室としても成長していきたいと思っております。これまで、私は演技のプロデューサーたちの元で俳優ワークショップを開催してきたり、有志の会で開催したり、芸能プロや某アカデミーや高等学校なでで演技講師として立ってきました。
しかし、自分が所属するkan promotion主宰で演技教室を開催するのは初めてのことです。しかも、プロ向けではなく、一般の方をメインとした教室は初めてです。もっと言えば「教室」という表現を使用したのも初めてのことです。より趣味としての時間をイメージできる言葉として「教室」という表現を選択しました。
持続可能、継続可能な最低限のものは必要ではございますが、『演技』というツールが俳優たちだけのものではなく広く多くの方に人生を豊かにするために届けられたらと思っています。

お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

演技トレーナー/演技講師 山縣有斗

About aritoo

アーティスト(俳優、脚本家、演出家、絵描き)として、感じたままを様々な媒体を通して放出。また芸能プロで演技講師に力を入れ、現在メソードアクティングを紐解きながら世界で通用する俳優を育成する。